TOP > メディア > ラッピングのひきだし “ナチュラルな気持ちを形に変えて”

ラッピングのひきだし “ナチュラルな気持ちを形に変えて”

カジュアルな贈り物に、ユニークな形のピローBOXはいかがですか?クラフト系の包装紙に相性のよい麻ひもは、2, 3本まとめて結ぶことで、いつもの十字がけとは違う雰囲気に演出できます。

目次

動画で見る

今回のラッピング方法

必要な包装紙の大きさ

必要な包装紙の大きさ

対角線がA+1~2cmとなる正方形

Aの求め方

必要な包装紙の大きさ

A=ピローボックスの横周り1周

1.

1

箱を包装紙の中央におきます。

2.

2

左右の角を箱にかぶせ、中央をテープでとめます。(サイドの曲線にたるみが出ないよう引きしめて添わせます。)

3.

3

箱の角から箱の辺のライン(●)に合わせて包装紙の端を折り込みます。

4.

4

上下の包装紙を箱にかぶせ、シールやテープで貼ってとめます。

5.

5

4をうら返して正面を向ける。十字がけの交差部分を中央より少しずらし(●)、リボンのスタート位置を確認します。

6.

6

麻ひもを3本そろえ(図は1本で説明)、蝶結びに必要な長さを確保して箱の横1周まわしかけます。

7.

7

スタート地点(●)で上下に交差させます。

8.

8

下に引いたひもをうしろへまわし、★のひもの右側へ出します。

9.

09

★のひもが出ている交差部分から下をくぐらせ、対角へ出します。

10.

10

麻ひも3本を広げ、たれは3本まとめて先端で結びます。

11.

11

ヤーンクリップの平らな面を交差部分の下へ差し込みます。

12.

12

突起のある方を折り曲げて、結び目をはさみます。

13.

13

たれの片方をシールでとめて仕上げます。

今回使用したラッピング用品

ラッピングの基本(3大包み)

ラッピングの基本をわかりやすくお伝えします。

斜め包み

斜め包み

商品に対して包装紙を斜めに置き、回転させて包むので斜め包みと呼ばれています。包み方で祝儀・不祝儀の区...

合わせ包み

合わせ包み

包装紙のとり方・包み方が簡単なので、すぐに習得することができます。包み上がりがシンプルなので、工夫し...

風呂敷包み

風呂敷包み

物を回転させないで包み込むことができるので、重い物や転がせない物を包むのに適しています。また、少ない...

リボンがけの基本

リボンがけをマスターすれば、全てのラッピングに応用できます。

蝶結び

蝶結び

リボンの最もポピュラーな結び方です。あらゆるラッピングの基本となりますが、最終的な完成度を左右する最...

十字掛け

十字掛け

オーソドックスな結び方ですが、どのようなギフトシーンでも対応できます。

斜め掛け

斜め掛け

リボンの線が箱の中央に来ないので、包装紙の柄をすっきり見せることができます。サイコロ型の箱には応用で...

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリ