TOP > メディア > ラッピングのひきだし “いつもより改まってごあいさつ”

ラッピングのひきだし “いつもより改まってごあいさつ”

日本文化の「のし」をアレンジした合わせ包みで和風のギフトに。少しだけ見せるはさみ込んだ包装紙の選び方で、雰囲気を変えることができます。

目次

動画で見る

今回のラッピング方法

必要な包装紙の大きさ

必要な包装紙の大きさ

a=箱の横幅
b=箱の高さ
A=箱の厚み+1cm
B=箱の胴まわり+aの1/3
C=b+C×2
D=aの1/2

1.

1

右側の両角を中心へ折ります。

2.

2

箱は正面が見えるように置き、包装紙の左端を箱の右辺に合わせます。図の□の位置に両面テープを貼っておきます。

3.

3

右端を箱にかぶせ、2で貼った両面テープで貼り合わせます。

4.

4

三角部分を箱の横幅の1/3を目安に折り返します。

5.

5

三角部分の上辺1/2と下辺1/4あたりを結ぶ目安のラインを思い浮かべます。

6.

6

5の目安のラインからもう一度折り返し、合わせ目に別紙をはさみ込みます。

7.

7

箱をうら返し、左右を折り込みます。

8.

8

図の順番に上下を折ります。(斜線部分は箱の辺より余分に出ます)

9.

09

8の斜線部分を箱の辺に合わせて内側へ折り込み、両面テープで貼りとめます。(反対側も同様)

10.

10

リボンを胴まわりにまわしかけます。(●から先端は蝶結びに必要な長さ)

11.

11

リボンBをリボンAにまわしかけるようにして1回結びます。(Aは表側、Bはうら側が出るように)

12.

12

リボンAで輪をつくります。

13.

13

リボンAでつくった輪に、リボンBを上から下へ2回まわしかけます。

14.

14

2回目にまわしかけたリボンBを1回目の輪の中へ入れて、輪の状態で左側へ出します。

15.

15

輪の部分を左右に引いて、蝶結びの形に整えれば、どの部分からもリボンの表側が見える、きれいな状態で完成します。

今回使用したラッピング用品

ラッピングの基本(3大包み)

ラッピングの基本をわかりやすくお伝えします。

斜め包み

斜め包み

商品に対して包装紙を斜めに置き、回転させて包むので斜め包みと呼ばれています。包み方で祝儀・不祝儀の区...

合わせ包み

合わせ包み

包装紙のとり方・包み方が簡単なので、すぐに習得することができます。包み上がりがシンプルなので、工夫し...

風呂敷包み

風呂敷包み

物を回転させないで包み込むことができるので、重い物や転がせない物を包むのに適しています。また、少ない...

リボンがけの基本

リボンがけをマスターすれば、全てのラッピングに応用できます。

蝶結び

蝶結び

リボンの最もポピュラーな結び方です。あらゆるラッピングの基本となりますが、最終的な完成度を左右する最...

十字掛け

十字掛け

オーソドックスな結び方ですが、どのようなギフトシーンでも対応できます。

斜め掛け

斜め掛け

リボンの線が箱の中央に来ないので、包装紙の柄をすっきり見せることができます。サイコロ型の箱には応用で...

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリ