TOP > メディア > 動画で見るリボンの掛けかた “斜め掛け”

動画で見るリボンの掛けかた “斜め掛け”

リボンの線が箱の中央に来ないので、包装紙の柄をすっきり見せることができます。サイコロ型の箱には応用できません。

目次

動画で見る

リボンの掛けかた

1.

1

リボンAの先端に蝶結びに必要な長さを残し、箱の上部中央に合わせます。リボンBは箱の右側の辺に向けて斜めにかけてください。

2.

2

箱の後ろにリボンBをまわし、箱の下部中央から再び正面に出してから左側の辺にかけます。

3.

3

さらにリボンBを箱の後ろにまわしかけ、リボンAの右側へ出します。

Point

4

リボンは箱の正面の2か所の過度に斜めにかかり、後ろ側も別の2か所の角に斜めにかかります。

4.

5

箱の上部中央の角で1回結んでから蝶結びします。(角を利用して蝶結びすると比較的ゆるまずに結べます)

5.

6

蝶結びの中央の結び目をつまんで正しい位置へと移動させて仕上げます。

ラッピングの基本(3大包み)

ラッピングの基本をわかりやすくお伝えします。

斜め包み

斜め包み

商品に対して包装紙を斜めに置き、回転させて包むので斜め包みと呼ばれています。包み方で祝儀・不祝儀の区...

合わせ包み

合わせ包み

包装紙のとり方・包み方が簡単なので、すぐに習得することができます。包み上がりがシンプルなので、工夫し...

風呂敷包み

風呂敷包み

物を回転させないで包み込むことができるので、重い物や転がせない物を包むのに適しています。また、少ない...

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリ