TOP > 企業情報 > 事業紹介

事業紹介

シモジマでは多彩な包装商品を提供するほか、さまざまな事業を展開しています。

紙製品事業

紙製品事業
紙製品事業
紙製品事業

紙製品事業は、当社の創業以来の主力事業としてオリジナルブランドの紙袋・包装紙・紙器を中心に販売しております。紙製品のうち、紙袋については、ヘイコーパック㈱が、シール類に関しては㈱彩光社がそれぞれ当社の生産子会社として当社と密接に連携しています。

商品特性としては形状が持続しやすいほか、高級感のある印刷効果を訴求できます。また、環境面としては、素材のリサイクル率が高いのも特徴です。

近年では通販業者等が異業種参入し価格競争が激化していますが、既製品はデザインとサイズのバリエーションが豊富であり、短納期でお届けできます。また、当社が従前より蓄積したノウハウにより、特注品についても様々な対応が可能です。近時でも、窓付角底袋等の製造機械を導入するなど、製造体制の充実を図っています。

セグメント別連結売上高

  • 平成26年3月期 97億60百万円
  • 平成27年3月期 93億11百万円
  • 平成28年3月期 96億3百万円

化成品・包装用品事業

化成品・包装用品事業
化成品・包装用品事業
化成品・包装用品事業

化成品・包装用品事業は、当社グループの中核事業となっております。商品構成としては、ポリ袋などの化成品、粘着テープ、食品包装資材、農業資材、リボン等、多様な商品を取り扱っています。

化成品の特性としては、概ね安価でお求めやすい点、軽量で取扱いが容易なため業務効率の向上に役立つ点等々を挙げることができます。

市場では低価格商品への移行も進んでおりますが、当社では、海外を含めた多様な調達ルートを活かし、顧客ニーズに適合した商品開発と拡販に努めており、特に食品業界向けの包材や農業向けの新商品等、様々な事業・用途のニーズにマッチした商品開発と展開をすすめております。また、製品の薄肉化など、環境負荷の軽減も図っています。

セグメント別連結売上高

  • 平成26年3月期 257億6百万円
  • 平成27年3月期 251億60百万円
  • 平成28年3月期 257億75百万円

店舗用品事業

店舗用品事業
店舗用品事業
店舗用品事業

店舗用品事業は、「店舗及びオフィスで使用するあらゆるものが揃う」をコンセプトに、文具事務用品、POP用品、店飾雑貨等を展開しています。

本事業では、ナショナルブランド商品も含めた幅広い品ぞろえ、お求めやすい価格設定、他事業との相互作用により、当社の店舗・営業所でのワンストップショッピングを可能にし、お客様における調達の効率化と販売促進に貢献することを目指しております。

本事業におきましても、量販店や通販業者等との競争は激化しておりますが、文具・事務用品を中心に積極的に新商品を導入し、拡販の強化を進めています。

セグメント別連結売上高

  • 平成26年3月期 138億94百万円
  • 平成27年3月期 129億59百万円
  • 平成28年3月期 128億98百万円