TOP > メディア > 動画で見るリボンの掛けかた “十字掛け”

動画で見るリボンの掛けかた “十字掛け”

オーソドックスな結び方ですが、どのようなギフトシーンでも対応できます。

目次

動画で見る

リボンの掛けかた

1.

1

リボンの先端に蝶結びに必要な長さをとり(リボンA)、蝶結びを結ぶ位置に合わせて残りのリボンBを箱にまわしかけます。まわしかけたリボンBはリボンAの上側から出てくるようにまわしかけます。

2.

2

リボンAが上向き、リボンBが下向きになるように中心で交差させます。

3.

3

リボンBを箱にまわしかけます。

4.

4

まわしかけたリボンBの先端を中心の交差部分の矢印の方向へくぐらせます。

5.

5

リボンAを矢印の方向へ移動させます。リボンAとリボンBをそれぞれ外側へ引っぱることで中心がしまり、たるみがなくなります。

6.

6

全体をひきしめた状態からリボンAで輪を作り、リボンBをまわしかけて蝶結びをします。蝶結びの前に固結びは行いません。

やってはいけないこと

やってはいけないこと

②でリボンを交差させる際、画像のようにリボンを裏返しにしてしまうと蝶結びが曲がってしまう原因になってしまいます。

ラッピングの基本(3大包み)

ラッピングの基本をわかりやすくお伝えします。

斜め包み

斜め包み

商品に対して包装紙を斜めに置き、回転させて包むので斜め包みと呼ばれています。包み方で祝儀・不祝儀の区...

合わせ包み

合わせ包み

包装紙のとり方・包み方が簡単なので、すぐに習得することができます。包み上がりがシンプルなので、工夫し...

風呂敷包み

風呂敷包み

物を回転させないで包み込むことができるので、重い物や転がせない物を包むのに適しています。また、少ない...

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリ