TOP > 企業情報 > 沿革

沿革History

包装材料卸問屋として大正9年(1920年)に創業したシモジマ。
今日に至るまでの約1世紀におよぶ歴史をご紹介します。

沿革

1920年1月 包装材料卸問屋下島商店創業
1943年8月 (株)下島商店発足
1943年9月 下島荷具工業(株)に商号変更
1962年4月 下島荷具工業(株)は不動産の管理を目的として、資本金300万円で下島不動産(株)(現当社)を設立
1964年7月 下島荷具工業(株)は製造部門と商事部門の利益管理を明確にするため、資本金1,800万円で(株)シモジマを設立し、同社の商事部門を(株)シモジマに移管
1967年7月 (株)シモジマは取引関係強化を目的として(有)彩光社に資本参加
1972年3月 (株)シモジマは外商得意先への商品全国配送網確立を目的として、埼玉県浦和市(現さいたま市)に 東部配送センターを設置
1977年12月 (株)シモジマは関西地区各店および得意先への配送体制充実を目的として、東大阪市に西部配送セ ンターを設置
1979年3月 下島不動産(株)は下島産業(株)に商号変更
1981年4月 下島荷具工業(株)が下島商事(株)に商号変更
1981年7月 下島商事(株)が下島興業(株)に商号変更
1981年7月 (株)シモジマは店舗販売と外商それぞれの利益管理を明確にするため、資本金3,000万円でシモジ マ商事(株)を設立し、同社の外売部門・本社管理部門をシモジマ商事(株)に移管
1989年9月 シモジマ商事(株)は将来の配送業務拡大に対応するため、栃木県安蘇郡田沼町(現佐野市)に田沼倉 庫を設置、同時に物流子会社へイコーハンドリング(株)(現シモジマ加工紙(株))を設立。
1991年4月 下島産業(株)をシモジマ商事(株)に、シモジマ商事(株)をシモジマ(株)にそれぞれ商号変更すると同時に、シモジマ商事(株)(存続会社)がシモジマ(株)と(株)シモジマとを合併、資本金1億725万円となる
1994年11月 シモジマ商事(株)が下島興業(株)を吸収合併
1995年12月 日本証券業協会に株式を店頭登録 資本金14億507万円
1996年9月 耐震性強化および隣地取得による増床を目的に、当社最大店舗の浅草橋5号館を新築オープン
1997年9月 子会社、浅草紙工(有)を設立し、旧浅草紙工(有)を買収する
1998年9月 西日本の物流改善を目的として、東大阪市に西部配送センターを新規増設
2000年6月 子会社、商い支援(株)を設立
2000年11月 本社においてISO14001認証取得
2001年2月 東京証券取引所市場第二部上場
2001年9月 中部地区の販売強化を目的として、名古屋市中区に同地区最大規模の名古屋店を新築オープン
2001年12月 子会社、(株)エスティシーを設立
2002年7月 (株)シモジマに商号変更
2003年10月 東京浅草橋地区に駐車場も完備した大型店舗浅草橋6号館(現east side tokyo)をオープン
2004年9月 東京証券取引所市場第一部に指定替え
2006年3月 子会社、下島(上海)商貿有限公司設立
2008年1月 子会社、サンワ(株)を設立
2008年3月 子会社、浅草紙工(株)(現シモジマかっぱ橋店)を吸収合併
2010年4月 (株)リード商事の発行済株式の譲受により子会社化
2011年8月 新基幹システム「フェニックス」本稼働開始
2012年9月 子会社、ヘイコーパック(株)市貝新工場竣工
2014年4月 執行役員制度導入、同年6月より施行
2014年8月 西日本地区の物流効率化をはかるため、大阪南港物流センターを開設