TOP > メディア > ラッピングのひきだし “手づくりの贈り物をほっこりと”

ラッピングのひきだし “手づくりの贈り物をほっこりと”

手づくりの贈り物は手のひらで包み込むような感覚のラッピングで贈ってみましょう。あらかじめ花の形を作っておくことがポイントです。

目次

動画で見る

今回のラッピング方法

必要な包装紙の大きさ

必要な包装紙の大きさ

A=中身のたて1周分+20cm
B=中身のよこ1周分+5cm

1.

1

B辺を半分に折ったものを、さらに半分に折ります。

2.

2

1をさらに半分に折ります。(8等分になります)

3.

3

上部を丸くカットします。

4.

4

ひらくと8つの波型になります。反対側のB辺も同様にカットしてください。

5.

5

上から約10cm(●)を折ります。

6.

6

折った部分の中心(破線部分)を目安に細かいギャザーを寄せていきます。

7.

7

寄せ終わると、図のような状態になります。

8.

8

7の波型の部分がむこう側になるように持ち替えます。

9.

09

ギャザーを寄せた部分に、バラを横向きに合わせます。

10.

10

バラのワイヤーをギャザー部分に2~3回巻きつけ、余分をカットしてください。

11.

11

バラを縦に起こし、まわりのギャザーをひらいて整えます。

12.

12

うしろ側の波型部分を上へ立ち上げ、花の形に整えます。

13.

13

12で作った花の根元に中身を入れます。

14.

14

中央が2~3cm重なるように左右を合わせます。この際、中身より少し余裕を持たせて包んでください。

15.

15

下部を上へ折り上げます。

16.

16

12で作った花の根元でギャザーを寄せ集めます。

17.

17

バラの花が中央になるよう、手前の波型部分をひらいて、全体が花の形になるようにバランスをとります。

18.

18

根元をリボンで結んでとめます。蝶結びの輪を少し大きめにつくり、下へたらしたら完成です。

ラッピングの基本(3大包み)

ラッピングの基本をわかりやすくお伝えします。

斜め包み

斜め包み

商品に対して包装紙を斜めに置き、回転させて包むので斜め包みと呼ばれています。包み方で祝儀・不祝儀の区...

合わせ包み

合わせ包み

包装紙のとり方・包み方が簡単なので、すぐに習得することができます。包み上がりがシンプルなので、工夫し...

風呂敷包み

風呂敷包み

物を回転させないで包み込むことができるので、重い物や転がせない物を包むのに適しています。また、少ない...

リボンがけの基本

リボンがけをマスターすれば、全てのラッピングに応用できます。

蝶結び

蝶結び

リボンの最もポピュラーな結び方です。あらゆるラッピングの基本となりますが、最終的な完成度を左右する最...

十字掛け

十字掛け

オーソドックスな結び方ですが、どのようなギフトシーンでも対応できます。

斜め掛け

斜め掛け

リボンの線が箱の中央に来ないので、包装紙の柄をすっきり見せることができます。サイコロ型の箱には応用で...

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリ