TOP > メディア > STYLE WRAPPING vol.05 Love, love, love.

STYLE WRAPPING vol.05 Love, love, love.

カテゴリ : STYLE WRAPPING

Season story

飾り付け例 完成図

2月14日はバレンタインデー。日本では女性から男性へ愛を告白する日とされていますが、もともとは男女どちらからも愛を告げる日です。プレゼントもチョコレートはもちろん、バラの花束や熱いメッセージカードなど思いを込めて気持ちを伝え合う日…。日頃言葉に出して伝えにくいことも、この日は思いきって伝えたいですね。
プレゼントのラッピングも特別なものにしてみましょう。リボンはツヤのあるサテンリボンを使って、普通は蝶結びをしますが固結びにします。なぜって…? それは2人の愛が固くくずれにくい証だから…!
しっかりと結ばれた固結びにはキリリとした美しさがあり、意志の強さを感じさせてくれます。

制作風景

ポイントにはラメモールを使った手作りイニシャルを飾ります。大きさやフォントは自由自在。お好みの書体で作ってみてください。
固く結ばれた(結ばれたい)絆をプレゼントに込めて、今年のバレンタインを素敵な特別な1日にしてみましょう。

Love, love, love.

How to make

step1

1. 箱の横にリボンを一周かけます。

step2

2. さらにもう一周かけます。

step3

3. 中心で交差します。

step4

4. 箱の後ろにまわします。1, 2, 3, 4のリボンはツヤのある面を表にしてまわしかけます。

step5

5. 箱の手前に持ってきます。

step6

6. 5で手前に持ってきたリボンを中心でくぐらせますリボンは裏になりますがそのまま結びます。

step7

7. 固結びをします。

step8

8. 結び切ってタレの先をななめにカットし2重にかけたリボンを整えて完成!

Point
Point image 1 Point image 2 Point image 3 Point image 4
  • ラメモールでイニシャルを作ります。デザイン性のある文字がおすすめ。曲げたりカットする時はラジオペンチなどを使うと良いでしょう。モールは1本で細い場合は2本を寄って太くしてからイニシャルにします。完成したら細い紐などでリボンの中心に結びつけます。

Plus one

Plus one 1 Plus one 2
Plus one 3 Plus one 4 Plus one 5 Plus one 6

ラメモールでイニシャルを作る時は、テンプレートなどを拡大コピーしてその上をなぞっていくと作りやすいです。「Love」などの単語を作り、紐をつけギフトバックのチャームとして使っても素敵。カードなどに貼る場合はモール文字の裏に5~10ミリ間隔でボンドをつけ、本などで重石をして10分ほどしたら完成。(テンプレートは直下のリンクからダウンロードできます。)

テンプレート(PDF)をダウンロードする

日高麻由美

Wrapping & Photo: 日高麻由美

東京生まれ。
会社員を経て日本ディスプレイスクールにて店飾デザインを学んだ後、企画会社にてラッピングを中心に販売促進を担当。
現在はフリーランスとして企業や商工会議所等でラッピング提案・指導を務める一方、書籍の執筆などを行う。
暮らしの中で楽しむ様々なアイディアラッピングを得意とする。

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリ