TOP > サステナビリティ > 環境 > 温室効果ガス排出量削減

温室効果ガス排出量削減

気候変動へ対応するため、シモジマでは温室効果ガス排出量の削減に取り組んでいます。

TCFDに基づく情報開示

当社は2023年6月に「気候関連財務情報開示タスクフォース(TCFD)」提言へ賛同を表明するとともに、TCFDに基づく情報開示を行っております。
▶TCFDに基づく情報開示はこちら

気候変動に関するマテリアリティ(重要課題)

当社グループは10年後を見据えてサステナビリティの観点からマテリアリティ(重要課題)を抽出しております。その内、気候変動への対策、ひいては環境への貢献を目指すうえで重要なマテリアリティと、それに対する当社の取組みは以下の通りです。
マテリアリティ 当社の取組み/戦略
[1] カーボンニュートラルの取組み強化 ① 環境配慮型商品の開発と普及
② GHG排出量の削減
③ 森林保全活動
④ 再生可能エネルギー活用
[2] 循環型社会の実現 ① 循環型商品の開発と販売
② クローズド・リサイクルモデルの推進

環境に関する目標

当社は、気候変動へ対応する為、以下の目標を策定しました。
中長期目標
[1] 2030年までに当社オリジナル商品における環境配慮型商品の販売比率20%
[2] 2030年までに当社グループのGHG排出量(Scope1+2) 50%削減(2023年3月期比)

温室効果ガス排出量

項目 範囲 2021年
3月期
2022年
3月期
2023年
3月期
単位
Scope1 連結 458 t-CO₂e
Scope2 連結 4,762 t-CO₂e
Scope1+2 連結 5,220 t-CO₂e
※GHG排出量算定には以下の係数を使用しています。
 燃料・電力:温対法に基づく「温室効果ガス排出量算定・報告・公表制度」で示されている排出係数

more treesを通じた森林保全活動支援

当社は、「都市と森をつなぐ」をキーワードに森林保全を行っている一般社団法人more trees(モア・トゥリーズ)の活動に賛同し、当社の利益の一部を寄付することで、森林保全活動を支援しております。
more treesを通じた森林保全活動支援

森林保全のための植林活動「シモジマの森」

当社は三重県多気郡大台町の山林において、多様性のある森づくりのための植林活動を行っております。当プロジェクトは、2023年に一般社団法人more trees、宮川森林組合との連携によって実現しました。「シモジマの森」と名付けられたこの植林地に20種類以上の樹木を初年度で約800本植える予定です。これにより地域の植生を回復し、CO₂の吸収を促進するとともに、多様性のあふれる豊かな森林の保全に貢献することが期待されます。
「シモジマの森」植林地看板

「シモジマの森」植林地看板

植樹作業の様子

植樹作業の様子

植樹を行う笠井社長

植樹を行う笠井社長