TOP > メディア > 動画で見るベーシックアレンジ “リバーシブル(合わせ包み応用)”

動画で見るベーシックアレンジ “リバーシブル(合わせ包み応用)”

包装紙によっては両面が使えるようなものもあります。合わせ包みの合わせ目の部分を折り返して、両面を効果的に使いましょう。折り返す幅や角度をいろいろに変えてみてはいかがですか。

目次

動画で見る

包み方

必要な包装紙の大きさ

必要な包装紙の大きさ

a=箱の厚みの3/2

1.

1

箱の正面を上にして包装紙の上に置きます。

2.

2

箱の周囲分に重なり分を加えた位置から折り返します。

3.

3

折り返した内側に両面テープをつけて箱を包み込みます。

4.

4

折り返したリバーシブル部分の包装紙の端は1cm程度内側へ折り込みます。

5.

5

1cmほど折り込んだ中央に両面テープをつけ、本体部に接着します。

6.

6

両横の処理をして仕上げます。

チェックポイント

通常の側面処理

通常の側面処理

箱のサイドを折り込む順番は①箱の裏面側→②左右→③箱の正面側ですので、包む前に箱の向きを確認しましょう。

特殊な側面処理

特殊な側面処理

合わせ目に演出を加えた場合は、合わせ目が箱の正面に来ることになるので、横の処理は通常の場合の①と③を入れ替えた順番で処理します。

ラッピングの基本(3大包み)

ラッピングの基本をわかりやすくお伝えします。

斜め包み

斜め包み

商品に対して包装紙を斜めに置き、回転させて包むので斜め包みと呼ばれています。包み方で祝儀・不祝儀の区...

合わせ包み

合わせ包み

包装紙のとり方・包み方が簡単なので、すぐに習得することができます。包み上がりがシンプルなので、工夫し...

風呂敷包み

風呂敷包み

物を回転させないで包み込むことができるので、重い物や転がせない物を包むのに適しています。また、少ない...

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリ