TOP > CSR・環境 > 環境 > 環境とともに

環境とともに

持続可能な社会に向けて、シモジマでは
環境負荷低減のために全社を挙げて取り組んでいます。

持続可能な社会に向けて

環境保全は地球規模の課題であり、企業も真摯に努力することを求められています。
経営理念に掲げております、包装用品を通じて快適な社会づくりに貢献するために、「包装資材を通じて環境に寄与する」という視点は欠かせません。
そのために、環境マネジメントシステムを運用し、グループを挙げて省エネルギー、省資源、CO2削減、リサイクルを継続的に推進しています。

持続可能な社会に向けて

環境保全に関する重点項目(環境方針より抜粋)

  1. 環境負荷の低減をめざした自社ブランド商品(環境配慮型商品)の企画・開発と品質管理
  2. 省エネルギー・省資源の推進とCO2削減
  3. 当社が排出する廃棄物の削減とリサイクルの徹底推進

環境方針の全文はこちらを参照ください

2020年度環境実行計画と実績

 当社の環境マネジメントは国際規格ISO14001に則っており、2000年11月に本社で認証を取得しております。2020年度(2021年3月期)の環境実行計画及びその結果は下記に示すとおりです。

環境目的 目標・活動計画(2020年度) 実績・進捗状況(2020年度) 評価
環境配慮型商品の企画・開発 年間20アイテム開発 年間21アイテム開発
環境配慮型商品の拡販 2019年度比105%以上販売額増 2019年度比128.4%
環境配慮を目指した商品の提案活動 お客様のご希望に沿った環境配慮型商品の提案を進める 環境配慮型商品23件

スクロールで表全体をご覧いただけます。

電力使用量・CO2排出量削減への取組み

 当社では、引き続き電力使用量の削減に取り組んでおります。2020年3月期のグループにおける電気使用量は、10,683千Kwhとなり、前期比で26.2%増となりました。これは、連結子会社の増加などによるものです。
 また、「使用面積あたりの消費電力量」(原単位)は、当社では4.1%減少となりました。これは大規模店舗でのLED導入等によるものです。子会社では52.3%増となりました。これは製造子会社のグループ参加等によるものです。
 なお、当社単独でのCO2排出量については、1, 405t、前期比24.7%減(調整後排出係数換算)となっております。これは節電に加えて、係数の小さい電力会社への切り替えなどによるものです。
 今後も節電の努力をしてまいりたいと存じます。

電力使用量の推移(グループ)
使用面積あたり消費電力量の推移(グループ)
CO2排出量の推移(当社)

容器リサイクル法への対応

当社は、容器包装リサイクル法上の特定事業者に指定されており、再商品化委託料金の支払いのほか、排出抑制措置として、店舗における紙袋・レジ袋の使用重量を減少すべく努力をしています。
 本年度は昨年度と比較し、プラスチック容器包装の利用・製造量が14,744トンで微減、紙の容器包装の利用・製造量は6,996トンで微減となりました。
 適正サイズの紙袋の開発や当社ロゴ入り紙袋の回収を行うほか、再生紙やバイオマスなどを活用した環境配慮型商品の開発と拡販により、環境負荷低減とお客様の利便性の両立を図っております。
 また、不良品を廃棄することも環境負荷となるため、不良品自体を減らすよう品質管理を行うとともにリサイクルを促進することにより、環境負荷を引き下げる努力を継続しています。
 今後も、容器包装の社会的な効用を高めるべく、その環境負荷を低減するため努力を継続してまいります。

容器包装リサイクル法関連の
容器包装資材の取扱量の推移